LINEの友達になって
デブエットコンサルタントYutaに直接相談しよう!

友だち追加

↓PCでご覧の方はこちらのQRコードから友だち追加お願いします。


LINEをお持ちで無い方は問い合わせフォームから連絡下さい。


パンと白ごはん、どちらが太る? 両者の違いを徹底分析!

.png - パンと白ごはん、どちらが太る? 両者の違いを徹底分析!

こんにちは、デブエットコンサルタントのYutaです。

2 300x222 - パンと白ごはん、どちらが太る? 両者の違いを徹底分析!

※完全返金保証!デブエットコンサルはこちら

 

 

 

今回は、パンと白ごはんそれぞれの太りやすさについてお伝えさせて頂きます。

この記事を読んでくださっている方の中にも、「ご飯派」と「パン派」のそれぞれの方がいると思います。

今回は、それぞれの食材について、カロリーを始め様々な観点から太りやすさを検証してゆきたいと思います

 

これからデブエットを始めようとされている方は、ぜひこの記事の内容をしっかり頭に入れて、自分に合った食材でデブエットに取り組んで頂ければと思います。

それでは早速、解説してゆきます。

 

 

パンと白米のカロリーは実は同じ?!

まず太る要素として一番意識しなければならないのがカロリーです。

ということで両者のカロリーの違いを分析してみましょう!

 

カロリー
・白米:386kcal(吉野家 ご飯 並盛り)

・食パン:380kcal(5枚切り 2枚)

 

定食屋さんで白ごはんの波を一杯食べるのと、食パンを2枚食べるのとで摂取できるカロリーは同じという結果になりました。

このように、カロリーという点では両者は大きな違いはありません。

 

それでは、両者の違いはないのでしょうか?他の観点から検証します。

パンと白ごはんの脂質を比較

続いて、両者の脂質を比較します。

カロリーの点で両者はほぼ同じ結果となりましたが、そうなると次にデブエットに影響を与えるのは脂質です。

両者の脂質についてですが、以下の通りとなりました。

脂質
・白米:0.7g(吉野家 ご飯 並盛り)

・食パン:4.4g(5枚切り 2枚)

 

このように、脂質については5倍以上の大きな差が出ました

脂質は体内で脂肪に一番変わりやすい成分ですので、太りやすさという観点では、脂質の点でパンのほうが圧倒的に太りやすいと言えます

※ちなみに、食パンがこのように脂質が多くなっている理由ですが、食パンは作る過程でバターと卵をメインで使用しています。そのため、バターや卵にたくさん含まれている脂質が多くなる傾向にあります。

honey 752145 640 300x200 - パンと白ごはん、どちらが太る? 両者の違いを徹底分析!

その他要因

以上でカロリーと脂質の観点から両者を比較してきましたが、その他の観点で太りやすさに影響を与えるものをお伝えします。

パンのグルテン効果

パンは白ごはんと違い、小麦粉を原料としています。

そしてこの小麦粉にはグルテンという成分が多数含まれております。

グルテン
小麦、ライ麦などの穀物の胚乳から生成されるタンパク質の一種であるグルテニンとグリアジンが水を吸収して網目状につながったもの

このグルテンには、食欲増進・血糖値上昇という効果があり、特に前者の食欲増進がデブエットに良い影響を与えてくれます。

一方で、このグルテンは体内で吸収されにくい特徴があります。これは人それぞれなのですが、グルテンをしっかり吸収できる人は食欲増進効果と相まって効果的なデブエットが行えるのですが、吸収が苦手な人は逆にお腹を壊してしまったりもします。

bakery 1868396 640 300x200 - パンと白ごはん、どちらが太る? 両者の違いを徹底分析!

 

白ごはんの咀嚼増進効果

これはかなりシンプルな話ですが、白ごはんのほうが咀嚼量は圧倒的に多くなります。

咀嚼量が増えることで、ある程度分解された状態で胃腸に届くので、ガリガリ体質の人に多い胃腸の弱いタイプにとっては、白ごはんを食べることで胃腸を助けてあげることが出来ます。

デブエッターにとってパンと白ごはんどちらが良いのか

ここまでパンと白ごはんの太る効果についてメリットとデメリットを分析してきました。

ここでもう一度まとめます

 

パン:脂質が多いため脂肪をつけやすい、食欲増進効果がある、一方でグルテンは体に吸収されにくい

白ごはん:咀嚼量が多くなるため胃に優しい、体に吸収されやすい、一方で脂質が少ない

choice 2692575 640 300x111 - パンと白ごはん、どちらが太る? 両者の違いを徹底分析!

 

どちらが良いかという話ですが、れは人それぞれグルテンの吸収度合いで決めるのが良いと思われます

実際にパンを食べてみて、しっかり食べることが出来ているようであればグルテンの吸収がしっかり行えているということですので、脂質もしっかり摂れて食欲増進効果もあるパンを積極的に食べるのが良いでしょう。

一方でパンだとなかなかたくさん食べれなかったり、普段から胃腸が弱いと感じている人は白ごはんを積極的に食べることで、胃腸を休めながらしっかりカロリーを摂ってゆきましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、パンと白ごはんとそれぞれのメリットデメリットについて、デブエットの観点から分析しました。

これまでパン派で、量がたくさん食べられない場合は、今回の記事を参考にしてぜひ白ごはんにチャレンジして下さい。

 

今回の知識を提供することで、これからデブエットを始めようとされている方が少しでも効率よくデブエットを行えるようになれば幸いです。

 

それでは、今回も最後までお読み頂きありがとうございました。

ーーーーーーーーーーーーーー

※よろしければ管理人のプロフィールも読んでいってくださいm(_ _)m

※管理人のデブエット実践録もお願いします。

※短期で成果を出したい方向けにデブエットコンサルも行っています。

お問い合わせはこちら

LINEの友達になって
デブエットコンサルタントYutaに直接相談しよう!

友だち追加

↓PCでご覧の方はこちらのQRコードから友だち追加お願いします。


LINEをお持ちで無い方は問い合わせフォームから連絡下さい。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です