太る方法ブログでは視聴者皆様に「デブエットキックオフセミナー」をプレゼント中

 

セミナーの詳細は以下のリンクをチェック

セミナーの詳細はこちら

 

太るために最適な食事の回数は何回?徹底解説

.png - 太るために最適な食事の回数は何回?徹底解説

こんにちは、デブエットコンサルタントYutaです。

2 300x222 - 太るために最適な食事の回数は何回?徹底解説

※完全返金保証!デブエットコンサルはこちら

favicons?domain=futorudebuet - 太るために最適な食事の回数は何回?徹底解説 ガリガリ専門!太る方法ブログ
ガリガリ専門!太る方法ブログ
https://futorudebuet.com/debuet-consulting/

 

 

 

 

今回は太るために最も効率の良い食事の回数は何回か?というテーマでお話させていただきます。

 

体重を増やすためにはお相撲さんのように「1日2食」が一番良い!

はたまた、

間食をしっかりとって「1日5食」食べたほうが良い!

など色々な話があります。

LGTM Yuu01 TP V4 300x200 - 太るために最適な食事の回数は何回?徹底解説

様々な意見が飛び交っています。

果たしてどの理論が一番正しいのでしょうか?

 

一日2食と一日5食のどちらが良いのか!?

結論から申し上げますと、どちらも正しい、かつ、どちらも間違っています。

「結論になってないやん!!」という声が聞こえてきそうですね。笑

PJMIMGL0299 TP V4 300x200 - 太るために最適な食事の回数は何回?徹底解説

私が伝えたいのは、

食事の回数は手段であって、結局は1日の総摂取カロリーが大きい=太る

ということです。

 

一日2回のほうが沢山食べることができる人もいれば、一回の食事ですぐにお腹が一杯になってしまう人もいます。

 

前者はまさにお相撲さんですね。

お相撲さんは朝起きて11時まで激しいトレーニングを行うため、朝食抜きでトレーニングに励むと言われています。

一方、朝のトレーニングが終わったあとのちゃんこで4000Kcalも食べるそうです!!

そして夜ご飯も1回で4000Kcalも食べます。

すなわち、一日2食でも十分大きなカロリーを一日に摂取できているのです。

 

後者は痩せ型体質の人です。

痩せ型体質の人は一回の食事で大盛りを食べてしまうとすぐにお腹が一杯になったりお腹を壊してしまったりしますよね。

こういう方は食事の回数を増やすことでカバーしましょう。

 

つまり、結論としては、1日の摂取カロリーが重要なのであって、食事の回数は重要ではない。しかし、痩せ型体質の人は、一回に沢山食べることが出来ないので、食事の回数を増やすべし!!

ということです。(結論長すぎへん?笑)

 

痩せ型体質の人が一日5食食べる具体的メリット

まず大前提として、食事から必要なカロリーが摂れていないと、「摂取カロリー<消費カロリー」の状態になり、痩せてゆきます。

1日のトータルで消費カロリーよりも沢山食べるという意識を持つことが重要です。

MAX85 cyuusyokudoitu14134913 TP V4 222x300 - 太るために最適な食事の回数は何回?徹底解説

具体的に、一日2500 kcalの摂取を目指して、1日2食と5食で比べてみましょう。

昼と夜の一日2食の場合

朝ごはんを食べるのが苦手な方は一日2食になってしまいがちです。

実際私もそうでした。

 

お昼を食堂で食べるとすると、

ラーメン:400kcal ご飯中:300kcal サラダ・味噌汁:100kcal

頑張ってもこの800kcalが限界かと思います。

 

夜ご飯に定食屋さんに行ってトンカツ定食を食べたとします。

とんかつ:400kcal ご飯大:450kcal サラダ・味噌汁:100kcal ビール:200kcal

こちらも頑張って1150kcalが限界です。

 

トータルすると、1950kcalで、必要な2500kcalに満たないことになります。

一見するとたくさん食べているように見えますが、「摂取カロリー>消費カロリー」となっていないので、この食事でもどんどん痩せてゆきます。

 

一日2食の場合
昼食 ラーメン:400kcal ご飯中:300kcal サラダ・味噌汁:100kcal =800kcal

夕食 とんかつ:400kcal ご飯大:450kcal サラダ・味噌汁:100kcal ビール:200kcal =1150kcal

摂取カロリー(1950kcal)<消費カロリー(2500kcal)

 

 

一日5食の場合

一日5食の場合
朝食:白米(280kcal) 納豆(100kcal) 味噌汁(20kcal)=400kcal

間食:ウィダーインゼリー(180kcal)=180kcal

昼食:ラーメン:400kcal ご飯中:300kcal サラダ・味噌汁:100kcal =800kcal

間食:ウィダーインゼリー(180kcal) 菓子パン(300kcal) =480kcal

夕食:とんかつ:400kcal ご飯大:450kcal サラダ・味噌汁:100kcal ビール:200kcal =1150kcal

摂取カロリー(3010kcal)>消費カロリー(2500kcal)

 

上のサンプルをご覧ください。

いかがでしょうか?決して無理すること無くカロリーを摂取できていると感じていただけたかと思います。

150711148887 TP V4 300x200 - 太るために最適な食事の回数は何回?徹底解説

このように、間食を加えて、一日の食事回数を増やすだけで、簡単に摂取カロリー>消費カロリーを実現することが出来ます!

特に一回あたりの食事で沢山の量を食べることが苦手なガリガリ体質の人にとっては、この方法はかなり有効です!!

 

とはいえ、普段食べていない時間に食事をすることになりますので、間食でいきなりたくさん食べるのは大変かと思います。

はじめのうちは、一日間食一回でウィダーインゼリーを一つ、とかで試してみて、徐々に胃腸が慣れてきましたら、

もっと高カロリーを目指して頂ければと存じます。

 

※間食についてはこちらの記事でまとめているのでよろしければご覧ください。

 

一日5食食べる方法

ここまでお読みいただいて、いかに一日の食事の回数を増やすことが重要かご理解いただけたかと思います。

 

朝食をしっかりと食べるコツ

そしてその中でも、一番難易度が高くて、一番効果が高いのが、朝食をしっかり取るということです

朝は忙しかったり、食欲がなかったりと、朝食を抜く方も多いですが、朝食を抜いてしまうとエネルギー不足になり、痩せやすい体質に…。

痩せ型の方は朝食を欠かさずに食べることが太るための大原則になります。

朝食をしっかり食べるコツ
朝早く起きる

(寝起きすぐの胃腸では十分な食事を摂ることが出来ません。朝食の1時間前に起床することで朝食時に胃腸がフル回転した状態を実現することが出来ます)

YUKATIMGL0277 TP V4 300x188 - 太るために最適な食事の回数は何回?徹底解説

朝起きてすぐに水を一杯飲む

(痩せ型の人は夜の間に胃酸が溜まったり逆流したりと食事に係る臓器が弱ってしまっていることが多いです。水を入れることで、逆流を戻し、胃の中の胃酸を薄める効果があります。)

 

納豆を摂取する

(発酵食品を加えることで、胃腸の善玉菌を増やし、腸内環境を整えることが出来ます。食欲減退を防ぐ効果があります。)

以上の3つが、私が実際にデブエットを行ってきた中で至った、朝食を食べるためのコツです。

 

間食をしっかりと食べるコツ

間食も朝食の次に重要になってくるデブエットのキーです。

冒頭でもお伝えしましたが、食事の回数を増やすことが痩せ型にとって重要です。

間食は食事の回数を増やすという点で非常に重要な食事になります。

 

朝食と昼食間の間食

朝食と昼食間の間食、昼食と夕食感の間食の2種類がありますが、前者のほうが圧倒的に難易度が高いです。

なぜなら皆さん慣れていないからです。

後者の間食は、いわゆる3時のおやつといった形で経験のある方も多いと思います。

慣れていない時間帯は、胃腸も食事を受け付ける状態になっておりません。

tachiaraiIMGL4722 TP V4 300x200 - 太るために最適な食事の回数は何回?徹底解説

順序としては、まずは朝食をしっかり食べることができるようになりましょう。

朝食を食べることが当たり前になって初めて、次に間食にチャレンジしてみましょう。

コツとしては、ゼリー状のものを食べることです。

なぜなら、この時間帯の間食は胃腸がまだフル回転していない&昼食を控えているため、胃腸に満腹感を与えないものが望ましいからです。

私のおすすめは、ウィダーインゼリーです。

300x201 - 太るために最適な食事の回数は何回?徹底解説

ゼリー状で満腹感が少ないにもかかわらず、180kcalという高カロリーを実現しています。

 

昼食と夕食間の間食

こちらの間食は逆に、3時のおやつ等ですでに習慣になっている人も多いかと思います。

食べるようにすること自体は難しくありません。

こちらは、いかに食べる習慣をつけるかよりも、何を食べるようにするかということが重要になります。

 

結論としては、短時間で高カロリーを摂取できる物を選びましょう!

この時間の間食は食事と違って、しっかり時間をとって摂取することは難しいです。

スキマ時間にサクッとカロリーを取れるものを摂取することで一日あたりの摂取カロリーを増やすことが出来ます。

 

具体的には。300kcal位を一つで取れる菓子パンがおすすめです。

一方で、慣れないうちはこちらの間食でもウィダーインゼリーを活用するのもありです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

上記はあくまでも理想的な状態です。

上記の通り1日5食食べることが出来ない日があっても決して諦めないでくださいね。

 

すぐにはすべて実践できないかもしれません。少しずつでも続けてゆき、できることを一つ一つ増やしてゆきましょう!

 

よろしければLINEの友だち追加をお願いします。
質問等あればこちらから気軽に連絡して下さい。

それでは、今回も最後までお読み頂きありがとうございました。

ーーーーーーーーーーーーーー

※よろしければ管理人のプロフィールも読んでいってくださいm(_ _)m

※管理人のデブエット実践録もお願いします。

※短期で成果を出したい方向けにデブエットコンサルも行っています。

favicons?domain=futorudebuet - 太るために最適な食事の回数は何回?徹底解説 ガリガリ専門!太る方法ブログ
ガリガリ専門!太る方法ブログ
https://futorudebuet.com/debuet-consulting/

太る方法ブログでは視聴者皆様に「デブエットキックオフセミナー」をプレゼント中

 

 

セミナーの詳細は以下のリンクをチェック

セミナーの詳細はこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です