太る方法ブログでは視聴者皆様に「デブエットキックオフセミナー」をプレゼント中

 

セミナーの詳細は以下のリンクをチェック

セミナーの詳細はこちら

 

【2019年度版】ディズニーリゾート(ランド・シー)の屋台お菓子で一番太りやすいものは何?!徹底分析!

.png - 【2019年度版】ディズニーリゾート(ランド・シー)の屋台お菓子で一番太りやすいものは何?!徹底分析!

こんにちは、デブエットコンサルタントのYutaです。

2 300x222 - 【2019年度版】ディズニーリゾート(ランド・シー)の屋台お菓子で一番太りやすいものは何?!徹底分析!

※完全返金保証!デブエットコンサルはこちら

favicons?domain=futorudebuet - 【2019年度版】ディズニーリゾート(ランド・シー)の屋台お菓子で一番太りやすいものは何?!徹底分析! ガリガリ専門!太る方法ブログ
ガリガリ専門!太る方法ブログ
https://futorudebuet.com/debuet-consulting/

 

 

 

久しぶりに楽しむぞー!という時に出掛けたくなるのがディズニーランド。

ディズニーにはたくさんの美味しいお菓子がありますので、あれもこれも!とついつい見た目で買ってしまいます。

でもデブエッターとしては、せっかくならしっかりと筋肉をつけつつ太れるお菓子を選びたいなと思ってしまいませんか?

ディズニーも楽しみたい!そしてついでにデブエットもしたい!という人は今回の記事、是非ご覧になって参考にしてみて下さい。

YUKA150701038569 TP V4 300x208 - 【2019年度版】ディズニーリゾート(ランド・シー)の屋台お菓子で一番太りやすいものは何?!徹底分析!

お菓子の太りやすさはどのような要素で決まるのか

 

デブエッターにとって体重を増やすといっても「そんなのカロリーがあるものを選べばいいんじゃない?」と思ってしまいますよね。

確かに糖質や脂質が高いお菓子類を選べばカロリーも高くなるので体重自体を増やす事は簡単なのですが、特に糖質オーバーによるカロリーオーバーは体重が増えるといっても脂肪だけがついてしまうという太り方になってしまいます。

 

そこでデブエッターにとって重要視したいのがタンパク質。

150711039221 TP V4 300x200 - 【2019年度版】ディズニーリゾート(ランド・シー)の屋台お菓子で一番太りやすいものは何?!徹底分析!

ただお菓子を食べるといってもタンパク質を多めに摂取できたほうがいいですよね。

 

そこで注目しておきたい材料と言えば卵と乳製品です。

卵は蛋白栄養価を表す指数ともいえるプロテインスコアが100と優秀な食品です。

他にもビタミン、ミネラルが豊富ですし、特に脳を元気にするコリンも摂取しやすいです。

 

乳製品も牛乳を一例に挙げた場合、卵ほどではないですが、栄養面では準完全栄養食品ともいわれています。

したがって、お菓子を選ぶ際にスイーツ系の場合はまず卵や牛乳などの乳製品を使用しているものを意識して見ると良いでしょう。

パッケージに入っているお菓子を購入した場合は原材料などの表記もありますので参考になりますよね。

原材料表記は多く入っている順番で書かれていますので、最初の方に「卵」と入っていたリ、「牛乳、乳製品」と書かれている商品を選ぶようにすると卵や乳製品をはじめとしたタンパク質を摂りやすくなります。

また、甘くないスナック系の場合はチキンなどのお肉類、そしてシーフードなどのタンパク質が入ったものを選ぶと良いです。

ディズニーランドの場合、どちらかというと卵や乳製品の入ったお菓子や、甘くないスナック系ではチキンやドッグ系の商品もあるためソーセージを使ったメニューなどを意識してみるとうまくデブエットする事が出来ます。

 

 

太りやすいディズニーのお菓子の種類

 

さて、実際にどのようなお菓子を選ぶと太りやすいか、ご紹介していきます。

今回ご紹介しているのはそれなりにカロリーも若干意識しますが、どちらかというとたんぱく質を効率よく取れそうなものをご紹介していきます

 

ミッキーピザ 462kcal

300x200 - 【2019年度版】ディズニーリゾート(ランド・シー)の屋台お菓子で一番太りやすいものは何?!徹底分析!

ヒューイ・デューイ・ルーイのグッドタイムカフェで販売しています。

チーズがたっぷりなので、たんぱく質、カルシウムも摂れますね!

同じヒューイ・デューイ・ルーイのグッドタイムカフェ内で骨付きソーセージ232kcalもあるのでプラスして更にタンパク質を摂取するというのもありです。

また他にもピザを選択する場合、パン・ギャラクティック・ピザ・ポートのチキンとベジタブルのピザ396kcalや、ソーセージとマッシュルームのピザ416kcalを選ぶというのもいいですね。

 

 

ミッキーワッフル 516kcalから

300x300 - 【2019年度版】ディズニーリゾート(ランド・シー)の屋台お菓子で一番太りやすいものは何?!徹底分析!

グレートアメリカン・ワッフルカンパニーで人気のミッキーワッフル。

ワッフルは生地に卵を使っているのでタンパク質をとる事が出来ます。

他のメニューはソースによりカロリーが変わってくるという感じなので、お好みで選んでください。

もしカロリーを一緒に多めに摂りたい!という場合、抹茶あずき&黒みつソースを選ぶと616kcalの摂取が可能です。

季節のワッフルを選ぶとバニラアイスがプラスされますので、バニラアイス分の乳製品、卵の摂取が期待できます。

持ち歩きメニューではミッキーワッフルメイプルソースつきというのがありますので、食べ歩きするのも可能です!

 

 

ミッキー・クッキーサンドアイス 383kcal

1 300x225 - 【2019年度版】ディズニーリゾート(ランド・シー)の屋台お菓子で一番太りやすいものは何?!徹底分析!

アイスクリームワゴンで購入できるアイスの中で比較的カロリーも高め。

そして原材料情報を見てみるとチョコレートクッキーの後に乳製品、牛乳とあるので、乳製品が多く使われているというのがわかります。

さっぱりした系列のフルーツバーに比べると確実にタンパク質もとりやすいです。

 

 

番外:こういったお菓子の場合は脂肪だけがつきやすい

 

ディズニーのお菓子というと思いつくもの、ありますか?

お菓子の一例ではチョコクランチがあり、お土産にもピッタリです!

チョコクランチはお土産だけでなく、おいしいからという理由や、缶が欲しい!といった理由で自分用にも買うという人が多い人気商品です。

このチョコクランチ、1個当たり50キロカロリーちょいなのですが、1缶全部18個分食べると900カロリーを超えるため意外に高カロリーで脂肪がつきやすいお菓子となります。

300x199 - 【2019年度版】ディズニーリゾート(ランド・シー)の屋台お菓子で一番太りやすいものは何?!徹底分析!

また、ディズニーというとチュロスがあり、卵とか使っていそうなイメージですが、チュロスは小麦粉、水、砂糖、塩などの生地を揚げたものが一般的です。

これらのお菓子の場合、どちらかというと炭水化物寄りになり、筋肉というよりは脂肪だけがつきやすいお菓子となります。

 

 

太りにくいディズニーのお菓子の種類

 

さて、筋肉を意識して食べるものを覚えておく一方、逆にこれはデブエットにはつながらないかも?というお菓子をご紹介しておきます。

 

 

カートンでのポップコーン

300x300 - 【2019年度版】ディズニーリゾート(ランド・シー)の屋台お菓子で一番太りやすいものは何?!徹底分析!

ディズニーランドに行った際に必ず買う!という人もいるぐらいのポップコーン。

ポップコーンワゴンで購入できます。

見た目にはインパクトがあるのですが、カロリーは以下の通りです。

 

ポップコーン 234kcal

キャラメルポップコーン 226kcal

ハニーポップコーン 310kcal

チョコレートポップコーン 327kcal

カレーポップコーン 210kcal

しょうゆバターポップコーン 248kcal

 

比較的低カロリーな上に、成分的には炭水化物が多めでタンパク質は少なめになります。

 

 

イタリアンアイス

225x300 - 【2019年度版】ディズニーリゾート(ランド・シー)の屋台お菓子で一番太りやすいものは何?!徹底分析!

 

クレオズで購入できるイタリアンアイスは以下の通りのカロリー。

 

オレンジ 83kcal

ストロベリー 88kcal

 

特に乳製品や卵も入っていませんし、低カロリー、そして炭水化物に偏りがちなので、デブエッターにはあまり向いていません。

もし、クレオズで何か買うようならミッキースマイルのチーズ味 292kcalを買った方がタンパク質が摂れます!!(笑)

 

 

フレンチフライポテト

ディズニー 200x300 - 【2019年度版】ディズニーリゾート(ランド・シー)の屋台お菓子で一番太りやすいものは何?!徹底分析!

トゥモローランドテラスで購入できるフレンチフライポテトは197kcalとカロリー的には抑えめ、そしてポテトなので炭水化物に偏りがちなのであまりおすすめできません。

もしトゥモローランドテラスでフード的なお菓子を食べるならチキンナゲットやハンバーガーを選んだ方がタンパク質が摂りやすくなります。

 

 

まとめ

 

ディズニーで食べる事が出来るメニューはカロリーだけ見ていると300から500カロリーぐらいのものが多く、食事メニューになるとそれ以上のカロリー摂取も可能です。

例えばイーストサイドカフェではスパゲッティカルボナーラ801kcalなどがあります。

同じカロリーを摂るのであればしっかりとタンパク質も意識したフードスナックなどをチョイスし、そしてカロリーを消費するために思いっきり遊ぶというのも大事です。

akanesaya501IMGL3229 TP V4 300x200 - 【2019年度版】ディズニーリゾート(ランド・シー)の屋台お菓子で一番太りやすいものは何?!徹底分析!

 

体を動かさないと脂肪だけがついちゃいますからね。

ディズニーで楽しみつつ、上手にデブエットしていきましょう。

 

よろしければLINEの友だち追加をお願いします。
質問等あればこちらから気軽に連絡して下さい。

それでは、今回も最後までお読み頂きありがとうございました。

ーーーーーーーーーーーーーー

※よろしければ管理人のプロフィールも読んでいってくださいm(_ _)m

※管理人のデブエット実践録もお願いします。

※短期で成果を出したい方向けにデブエットコンサルも行っています。

favicons?domain=futorudebuet - 【2019年度版】ディズニーリゾート(ランド・シー)の屋台お菓子で一番太りやすいものは何?!徹底分析! ガリガリ専門!太る方法ブログ
ガリガリ専門!太る方法ブログ
https://futorudebuet.com/debuet-consulting/

太る方法ブログでは視聴者皆様に「デブエットキックオフセミナー」をプレゼント中

 

 

セミナーの詳細は以下のリンクをチェック

セミナーの詳細はこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です