太る方法ブログでは視聴者皆様に「デブエットキックオフセミナー」をプレゼント中

 

セミナーの詳細は以下のリンクをチェック

セミナーの詳細はこちら

 

「脂肪を筋肉に変える」は嘘か真か?! 体を大きくする方法を徹底伝授!

.png - 「脂肪を筋肉に変える」は嘘か真か?! 体を大きくする方法を徹底伝授!

こんにちは、デブエットコンサルタントのYutaです。

2 300x222 - 「脂肪を筋肉に変える」は嘘か真か?! 体を大きくする方法を徹底伝授!

※完全返金保証!デブエットコンサルはこちら

favicons?domain=futorudebuet - 「脂肪を筋肉に変える」は嘘か真か?! 体を大きくする方法を徹底伝授! ガリガリ専門!太る方法ブログ
ガリガリ専門!太る方法ブログ
https://futorudebuet.com/debuet-consulting/

 

 

 

今回は脂肪と筋肉の関係性についてご説明致します。

両者の関係を分析する事で、効率良く体を大きく見せる方法を探ってゆきたいと思います

 

また、町中では「筋肉をつけてかっこよく見せたい!」という方をターゲットとした

「脂肪を筋肉に変えましょう!」というスローガンをよく目にすると思います。

果たして本当に脂肪は筋肉に変わるのでしょうか?

今回は、そのあたりの真偽にも触れながら解説してゆきたいと思います。

dumbbells 2465478 640 300x200 - 「脂肪を筋肉に変える」は嘘か真か?! 体を大きくする方法を徹底伝授!

現在デブエットに取り組まれている方は、どのようにして、メリハリで体を大きく見せるか、必ず参考になる記事だと思いますので、ぜひ最後まで読んで下さいね。

 

脂肪と筋肉の重さの違いについて

脂肪よりも筋肉のほうが重いことはよく知られていますよね?

ここでは、具体的にどのくらい違いがあるのか、比較してゆきます。

scales 147219 640 300x291 - 「脂肪を筋肉に変える」は嘘か真か?! 体を大きくする方法を徹底伝授!

 

重さを比較するために、脂肪と筋肉を同じ体積(1立方センチメートル)で比べてゆきたいと思います。

1立方センチメートルあたりの重さ
脂肪:0.9007g

筋肉:1.1000g

同じ大きさの時に、脂肪は0.9007gであるのに対し、筋肉は1.1000gとなります。

 

このように見るとわかりにくいかも知れませんが、ここで割り算をしてみましょう。

1.1000÷0.9007=1.22

このように、筋肉は脂肪の1.2倍の重さがあることがわかります

 

やはり筋肉は脂肪よりも重いということがわかりました。それも、1.2倍もの差があります。それだけ筋肉は脂肪よりも組織の密度が高い体の構成要素であるということですね。

 

「脂肪が筋肉に変わる」は嘘か真か!!

ここで本題に戻ります。

巷でよく言われている、「脂肪が筋肉に変わる」という話ですが、これは本当でしょうか?

direction 255294 640 300x176 - 「脂肪を筋肉に変える」は嘘か真か?! 体を大きくする方法を徹底伝授!

 

結論から申し上げますと、「脂肪が筋肉に変わる」は間違いです!

300x134 - 「脂肪を筋肉に変える」は嘘か真か?! 体を大きくする方法を徹底伝授!

人の体の中は上図のように、筋肉が一番体の内側にあって、その上に脂肪が乗って、その上に皮膚が乗っているという構造になっています。

したがって、筋トレを頑張って、筋肉が大きくなると、脂肪の量自体は減らないのですが、筋肉の割合がどんどん大きくなって、筋肉が脂肪に取って代わった様に見えるのです

ただし実際は、脂肪の量自体は変わっておらず、筋肉の量が増えたことによって、体の大きさに占める脂肪の割合が減ったということなんです。

 

「脂肪を筋肉に変えましょう」というのは、こういったからくりだったんですね^ ^

 

脂肪と筋肉のつく部位について

ここまで読んでいただいて、デブエッターとしては、体を大きく見せたいという思いが強いので、同じ重さでもかさが大きくなる脂肪を増やしたほうが良いのでは?と思われた方がいらっしゃるかも知れません。

 

しかし、ここでもう一点、脂肪と筋肉の違いで見落としてはいけない点があります。

それは、それぞれの付きやすい部位という観点です。

 

脂肪の付きやすい部位

脂肪の付きやすい部位は、言うまでもありませんが、お腹です。

逆につきにくい部位は腕、胸、肩などです。

想像してみて下さい。脂肪だけで太った場合はこのような体型になります。

DB88 hutottabu 15162519 TP V4 220x300 - 「脂肪を筋肉に変える」は嘘か真か?! 体を大きくする方法を徹底伝授!

皆さんの周りにもいると思います。

腕や胸が細いのにお腹だけ出っ張っている人。これこそまさに、体内に大量の脂肪がある一方、筋肉量が少量しか無い状態です。

ボン・キュッ・ボンの逆パターン、キュッ・ボン・キュッですね。笑

これは確かに体重は増えていますが、私達の考える、「体を大きく見せる」とは違いますよね?

 

筋肉の付きやすい部位

筋肉の付きやすい部位は逆に、腕・胸・肩といった、逆三角形の構成要素となる部位になります。

 

※筋肉の構成要素であるタンパク質(プロテイン)について詳しくは以下の記事をご覧ください。

 

そして、私達の考える、「体を大きく見せる」はこんな感じのイメージだと思います。

PAKU6448 TP V4 300x207 - 「脂肪を筋肉に変える」は嘘か真か?! 体を大きくする方法を徹底伝授!

腕と胸と方に筋肉が乗っていて、逆三角形になっている形です。

どうですか?同じ体重であっても、体のどの部位が大きくなるかでずいぶんと印象が変わりますよね?

私達の最終目標は、ガリガリから脱出して、バカにされない体を作りたいということですが、どちらの体型がバカにされないと思いますか?

圧倒的に後者だと思います。

※筋トレについては以下の記事を参考にしてみて下さい。

 

そして、体を大きく見せるという観点からも、後者の筋肉質な体型の方が良いとされています!!

胸と腕の大きい逆三角形の体型は、お腹周りが大きいよりも、体を大きく見せる効果があります!

正直、管理人もまだまだ、ここまでかっこいい体にはなれていないのですが、引き続きデブエットを続けて、この写真の方のような体型を目指したいと考えています。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回の記事では、脂肪と筋肉の関係性・それぞれの特徴についてご説明させて頂きました。

 

「脂肪と筋肉どっちで太ればよいのだろうか?」デブエットを始められた方は一度は思ったことがあると思います。

体を大きく見せるためにはどちらも大事なのですが、脂肪ばかりで太ってしまうと、お腹周りだけ太ってしまって、だらしのない、ガリガリと同じくらいバカにされる体型になってしまうので注意が必要です。

食事で頑張って体内エネルギーの底上げをしつつ、ある程度まで大きくなったら、胸腕肩が大きくなるように意識して筋トレを頑張ることをおすすめします。

※なお、そもそも食事で太ることが難しい方はこちらの記事を参考にしてみて下さい。

 

それでは、今回も最後までお読み頂きありがとうございました。

ーーーーーーーーーーーーーー

※よろしければ管理人のプロフィールも読んでいってくださいm(_ _)m

※管理人のデブエット実践録もお願いします。

※短期で成果を出したい方向けにデブエットコンサルも行っています。

favicons?domain=futorudebuet - 「脂肪を筋肉に変える」は嘘か真か?! 体を大きくする方法を徹底伝授! ガリガリ専門!太る方法ブログ
ガリガリ専門!太る方法ブログ
https://futorudebuet.com/debuet-consulting/

太る方法ブログでは視聴者皆様に「デブエットキックオフセミナー」をプレゼント中

 

 

セミナーの詳細は以下のリンクをチェック

セミナーの詳細はこちら

 

2 件のコメント

  • なるほど!!!!
    やっぱり、がりがり克服には、筋肉は非常に大切ですよね。
    太る食べ物を思い切り取りながらしっかりと筋肉をつけていく。
    この方法でがりがりを脱出したいと思います!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です