太る方法ブログでは視聴者皆様に「デブエットキックオフセミナー」をプレゼント中

 

セミナーの詳細は以下のリンクをチェック

セミナーの詳細はこちら

 

長ければ良いわけではない? 体を大きくするために最も効率の良い筋トレ時間は何分?

.png - 長ければ良いわけではない? 体を大きくするために最も効率の良い筋トレ時間は何分?

こんにちは、デブエットコンサルタントYutaです。

2 300x222 - 長ければ良いわけではない? 体を大きくするために最も効率の良い筋トレ時間は何分?

※完全返金保証!デブエットコンサルはこちら

favicons?domain=futorudebuet - 長ければ良いわけではない? 体を大きくするために最も効率の良い筋トレ時間は何分? ガリガリ専門!太る方法ブログ
ガリガリ専門!太る方法ブログ
https://futorudebuet.com/debuet-consulting/

 

 

 

 

皆さんデブエットの調子はいかがでしょうか?

上手く行っている人は、お腹の周りに肉がついてきてどうしようかと悩み始める時期が来ると思います。

そのまま続けてもよいのですが、かっこよく太りたいなら、筋トレを導入する時期です!!

また筋トレの効果として、同じ体重でも体が大きく見えるということがあります!

そう考えると、胃腸の機能に限界があるガリガリ体質の人にとっては、筋トレが有効であることがわかっていただけると思います。

筋トレという他のアプローチで、胃腸を刺激すること無く、体を大きく見せることができるのです!

OOPAKU6485 TP V4 300x206 - 長ければ良いわけではない? 体を大きくするために最も効率の良い筋トレ時間は何分?

※筋トレを効率的に行うためのインターバルについては以下の記事をご覧ください。

※男女の筋肉の付きやすさについての記事もありますので是非参考にしてみて下さい。

 

今回は、体を大きくするために最も効率的な一回あたりの筋トレ時間についてお伝えさせていただきます。

筋トレは面白いもので、ストイックに長くやっている人がかならずしも一番筋肥大出来るとは限らないです!

筋肥大
超回復により筋肉を大きくすること

一回の筋トレ時間は60分以内に抑えましょう!

これは、これから体を大きくするために筋トレを考えている人にとっては朗報なのではないでしょうか?

そうなんです!筋トレは60分以内に抑えて良いんです!

 

むしろ、初心者が60分以上行ってしまうと悪影響を及ぼす恐れがあります。

以下、2つの理由をご説明いたします。

 

理由1 体内ホルモンの影響

テストステロンの減少

筋トレを行うと、テストステロンというホルモンが分泌されます。

テストステロン
筋合成を促進するホルモンで、平たく言うと筋肉を大きくするよう働きかけるホルモンです。

 

筋肉の構成要素はプロテイン(タンパク質)ですが、これを体に取り込むだけでは筋肉は大きくなりません。

体内にあるプロテインが、テストステロンの働きかけで筋合成されて初めて筋肉が大きくなります。

なので、プロテイン飲むだけで筋トレしなければ筋肉は付きませんよー。笑

 

そして、短時間の筋トレではテストステロンが増加するのですが、長時間筋トレをしてしまうとテストステロンが逆に減少してしまうことが明らかになっています。

せっかく筋トレしたのに筋肉を大きくするためのホルモンが逆に減少してしまうなんて、もったいないですよね??

 

コルチゾールの増加

コルチゾールというのもホルモンの一種で、ストレスを受けた時に分泌が増えることから「ストレスホルモン」とも呼ばれています。

コルチゾール
筋肉でのたんぱく質代謝(=筋分解)、脂肪組織での脂肪の分解などの代謝の促進

 

筋合成の反対は筋分解です。筋合成とは、筋肉を大きくする作用です。

すなわち、コルチゾールの働きである筋分解は筋肉が大きくなることを妨げてしまうということです。

つまり、まとめると、長時間筋トレをしてしまうと、筋分解を促すコルチゾールというホルモンが分泌されてしまうため、体を大きくするのに逆効果だということです。

 

理由2 大きな重量を扱えなくなる

こちらの理由はシンプルです!

10kgの重りを扱えていた人も、だんだんと疲れてくると5kgも扱えなくなってしまいます。

すなわち、体が疲れてきて、扱える重量が落ちてしまうということです。

 

非常に基本的なことですが、筋肉は、重いものを持ち上げて初めて、大きくなろうとします

そして、筋肉が大きければ大きいほど重い重量を持ち上げることが出来ます

今の筋肉量でギリギリの重さを持ち上げてトレーニングすることで、筋肉も、次にこの重量かそれ以上が来た時に対応できるように筋肉を大きくしておこう!と思うようになります。

今の実力より軽い重量ばかりを上げていても筋肉は大きくならないのです。

 

例えば、大学受験生は、頭を良くするためには、今の実力に適した問題集を買って勉強する必要があります。

大学受験生が、小学校2年生の九九を毎日8時間仮にやったとしても、正直、頭は良くなりません。簡単すぎるからです。

ということで、筋肉を大きくしたいと思うなら、今の実力でギリギリ10回ほど持ち上げることの出来る重りを扱いましょう

 

ということで、時間が立ってくると疲れが出てきますので、扱う重りの量がどんどん小さくなってきます。

これは先程の例で言う、九九をやっている状況になってしまい、効果が薄くなってしまいます。

筋肉が疲れないうちに、高重量をバシバシ上げて、体を大きくしてゆきましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は効率的に体を大きくするための筋トレ時間についてお話させていただきました。

ただただ時間が長いから良いわけではなく、時間より質! ということですね^^

今回も最後までお読み頂きありがとうございましたm(_ _)m

ーーーーーーーーーーーーーー

※よろしければ管理人のプロフィールも読んでいってくださいm(_ _)m

※管理人のデブエット実践録もお願いします。


太る方法ブログでは視聴者皆様に「デブエットキックオフセミナー」をプレゼント中

 

 

セミナーの詳細は以下のリンクをチェック

セミナーの詳細はこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です