太る方法ブログでは視聴者皆様に「デブエットキックオフセミナー」をプレゼント中

 

セミナーの詳細は以下のリンクをチェック

セミナーの詳細はこちら

 

男女で筋肉のつきやすさが異なるのはなぜ?違いを理解して効率的に体を大きくしよう!

.png - 男女で筋肉のつきやすさが異なるのはなぜ?違いを理解して効率的に体を大きくしよう!

皆さん こんにちは、デブエットコンサルタントyutaです。

2 300x222 - 男女で筋肉のつきやすさが異なるのはなぜ?違いを理解して効率的に体を大きくしよう!

※完全返金保証!デブエットコンサルはこちら

favicons?domain=futorudebuet - 男女で筋肉のつきやすさが異なるのはなぜ?違いを理解して効率的に体を大きくしよう! ガリガリ専門!太る方法ブログ
ガリガリ専門!太る方法ブログ
https://futorudebuet.com/debuet-consulting/

 

 

 

今回は太るために重要な筋肉について、お伝えさせていただきます。

一言で筋肉といっても性別や その他の要因によって、筋肉つきやすさは違うのです。

 

「えっ、筋肉のつきやすさは性別によって違ってしまうの?!」

 

「性別に関係なく同じ運動をしていれば、同じように筋肉がつくというわけではなかったなんて」と思われる方もおられるでしょうね。

 

性別や その他の要因によって筋肉のつきやすさが異なるということは、男性と女性ではトレーニングのやり方を変えた方が効率的だということになります。

 

「筋肉のつきやすさが男性と女性では違う」ということを理解してからトレーニングに取り組めば、継続しやすくケガもリスクも避けられますね。

 

体を大きくするために必要な筋肉だからこそ、その戦略とトレーニング方法についても お伝えさせていただければと思います。

 

○男女で筋肉のつきやすさが異なる理由

 

筋肉のつきやすさや筋肉の量に差がでてくるのは、だいたい13~14歳くらいからです。

 

男性と女性が同じ筋トレメニューを行ったとしても、女性が男性と同じように筋肉をつけるのは難しいといわれています。

 

その理由は男性と女性では、もともとの筋肉量が違っているからです。女性は男性の70%くらいの筋肉量しかないと考えられています。

adult 2028245 640 2 300x150 - 男女で筋肉のつきやすさが異なるのはなぜ?違いを理解して効率的に体を大きくしよう!

筋肉のつきやすさが男女によって異なるのは、以下に挙げた3つの要因が関係しています。

*ホルモンの影響

*遺伝や体質

*年齢

 

それぞれについて、説明を加えさせていただきますね。

 

○各理由の説明

 

*ホルモンの影響

 

男性の方が女性よりも筋肉がつきやすい理由は、テストステロンという男性ホルモンが関係しています。

people 2604149 640 300x169 - 男女で筋肉のつきやすさが異なるのはなぜ?違いを理解して効率的に体を大きくしよう!

テストステロンの分泌量は男性の方が多く、女性の方が少ないです。どのくらい分泌量に差があるかというと、男性の10分の1くらいといわれています。

 

また女性は脂肪を蓄える女性ホルモンの分泌量が多いことで、筋肉がつきにくくなってしまうのです。

 

筋肉をつけるには男性ホルモンが必要になるのですが、その材料になるのが体脂肪です。

 

体脂肪が多いと健康に悪影響が生じますが、体脂肪がなければ なかなか筋肉がつきません。

 

ではデブエットを目指している男性やテストステロンの分泌量が少ない女性は「テストステロンを増やすのは難しい」と諦めなくてはいけないのでしょうか?

 

いいえ、そんなことはありません。大丈夫!

 

テストステロンを増やすにはスポーツをする、スポーツ観戦をするなども有効です。

 

テストステロンの分泌を増やす食生活としては、亜鉛を積極的に摂取するのが おすすめです。亜鉛は納豆、レバー、牡蠣に多く含まれています。サプリメントを利用するのも○です。

 

またテストステロンの分泌を増やす、おすすめの生活習慣が2つあります。1つは禁酒禁煙、2つめが睡眠を十分にとる(睡眠の質を上げる)ことです。

 

禁酒が難しい場合は、糖質が少ない焼酎やウイスキーを選ぶようにすればOKです。日本酒やビールは糖質を多く含んでいるので避けた方がよいでしょう。

 

そして睡眠時間が十分にとれない場合は、睡眠の質を上げるような工夫をすればOKです。寝る直前までテレビやスマートフォンを見ない、寝室の温度を適温にする、寝具を心地よいものに替えるなどの工夫をしてみてはいかがでしょうか。

baby 1151351 640 300x225 - 男女で筋肉のつきやすさが異なるのはなぜ?違いを理解して効率的に体を大きくしよう!

*遺伝や体質

 

性別だけでなく、遺伝や体質によっても筋肉のつきやすさは異なります。筋繊維の数や成長ホルモンの分泌量は人によって異なります。

 

人それぞれ持って生まれた遺伝子や体質、素質などは先天的なものです。生まれてくる前に母体で、どれだけテストステロンを浴びていたかによっても異なります。

 

*年齢

 

年齢が若い人ほど筋肉がつきやすく、年齢を重ねるほど筋肉がつきにくくなります。

lose weight 1911605 640 300x126 - 男女で筋肉のつきやすさが異なるのはなぜ?違いを理解して効率的に体を大きくしよう!

その理由は20~30代ではテストステロンの分泌量も多いですが、年齢を重ねるにつれてテストステロンの分泌量が少なくなるからです。

 

また年齢を重ねてから筋肉をつけようとすると今まで蓄積した脂肪が邪魔をしたり、テストステロンが減少することで筋肉がつくられるのも時間が かかります。

 

○男性のデブエッターにおすすめのトレーニング(体が大きく見えるトレーニング)

 

一般的に男性の骨格は女性よりも大きくて、重いという特徴があります。関節周りの骨も筋肉を支えるため、大きく太くなっているのです。

guy 768929 640 300x201 - 男女で筋肉のつきやすさが異なるのはなぜ?違いを理解して効率的に体を大きくしよう!

男性は女性に比べて、上半身の筋肉量が多いです。肩幅が広いので いかり肩の人が多く、なで肩の人が少ない傾向があります。

 

このことを踏まえて考えると、男性は上半身を鍛えるトレーニングメニューを励行すれば筋肉の鎧を着ているのと同じで体が大きく見えやすくなるといえます。

 

 

*肩の筋肉を鍛える:腕立て伏せ

標準的なやり方から、少し応用することで肩や背中を中心に鍛えられます。

  1. 腕の幅は肩幅よりも、ほんの少し大きく開く
  2. 手のひらは垂直ではなく、内側に向ける

 

このようにすることで、腕が横に開きやすくなります。その結果、肩の外側にある筋肉に負荷をかけることができるのです。

 

*背中の筋肉を鍛える:懸垂(順手)

広背筋が鍛えられ、背中が逆三角形に見えるようになります。

 

*背中の筋肉を鍛える:バックエクステンション(上体反らし)

上半身全体を持ち上げるので、広背筋と僧帽筋の2つを同時に鍛えることができます。

  1. 床にまっすぐ うつ伏せに寝て あごを引く。両足は肩幅くらい広げる
  2. 両腕は体の横に置くか、負荷を強くしたいときは後頭部で組む
  3. 肩甲骨を寄せるようなイメージで、ゆっくりと体を起こす(ゆっくり息を吸いながら)
  4. ゆっくりと元の状態に戻す(ゆっくり息を吐きながら)
  5. 3と4を繰り返す

 

※その他として、腹筋やスクワットも有効です。

 

○女性のデブエッターにおすすめのトレーニング(体が大きく見えるトレーニング)

 

女性は男性に比べて上半身の筋肉量は少ないのですが、下半身の筋肉量は女性であっても男性の85%くらいあるといわれています。

fashion 1627012 640 1 300x219 - 男女で筋肉のつきやすさが異なるのはなぜ?違いを理解して効率的に体を大きくしよう!

女性の方が筋肉量は少ないといっても、筋トレをして筋肉量を増やすことは可能です。ただ、気をつけないと下半身のみが たくましくなってしまう可能性も否定できません。

 

だから上半身も、下半身も鍛えることで体を大きく見せることができます。

 

女性は腹筋、二の腕、ヒップ、太もも、ふくらはぎの5つに分けて書いてみますね。

 

*腹筋(軽め)

  1. 仰向けになり、両膝を立てる
  2. 両手は頭の後ろで組む
  3. 頭と肩を持ち上げて、腹筋を刺激する
  4. ゆっくり元に戻す

 

*腹筋(負荷が強め)

  1. 仰向けになり、両手は頭の後ろ。両足は、まっすぐ伸ばす
  2. この状態から右肘と左膝を近づけるようにして、ウエストをひねる
  3. ゆっくりと元に戻す
  4. 今度は左肘と右膝を近づけるようにして、ウエストをひねる
  5. ゆっくりと元に戻す

 

*二の腕(ダンベルを使って、腕の表側と表側を鍛える)

※女性に適したダンベルの重さは1kgで、重くした場合でも2kgまでがベストです。自分の筋力に応じて決めてくださいね。

 

腕の表側を鍛える

  1. 足は肩幅に広げて立ち、両手にダンベルを持つ
  2. 片方ずつ、手のひらは上向きにしたまま肘を曲げ、肩につけるようにして引き上げる
  3. ゆっくりと元に戻す
  4. 反対側の腕も同じように行う

 

腕の表側を鍛える

  1. 足は肩幅に広げて立ち、両手にダンベルを持つ
  2. 両方のダンベルを肘を伸ばしたまま、体の前方に向かって同時に肩の高さまで引き上げる
  3. そこから片方のダンベルのみを、さらに頭の上まで引き上げる
  4. ゆっくりと肩の高さまで戻す
  5. 反対側の腕も同じように行う

 

*ヒップ

  1. 床に両方の手足をつけた状態で、うつ伏せになる
  2. お腹でバランスをとるようにして、両方の手足を空中に浮かせる(エビ反りの状態)
  3. ゆっくりと元に戻す

 

*太もも(軽め)

  1. 両足を前後に開いて立ち、手は腰にあてる
  2. 前に出した足を90度に曲げるように、体を落とす
  3. ゆっくりと元に戻す

 

*太もも(ダンベルを使って負荷を強めに)

  1. 両足を肩幅に開いて立ち、両手にダンベルを持つ
  2. 太ももと床が平行になるまで、ゆっくりと体を落とす
  3. ゆっくりと元に戻す

 

*ふくらはぎ

  1. 両足を肩幅に開いて、まっすぐに立つ
  2. かかとを上げて、ゆっくりと つま先たちになる
  3. かかとを地面につけ、ゆっくりと元に戻す

 

○まとめ

関連画像

いかがでしたでしょうか。

 

男性は上半身の筋肉量が多いので、上半身を鍛えるようなトレーニングを継続すれば体が大きく見えるようになります。

OOPAKU6485 TP V4 300x206 - 男女で筋肉のつきやすさが異なるのはなぜ?違いを理解して効率的に体を大きくしよう!

一方、女性は上半身の筋肉量は男性よりも少ないです。だから男性と同じトレーニングメニューをこなそうとすると、ケガをしてしまう恐れがあるので注意が必要です。

 

筋トレは やり過ぎても、やらな過ぎても効果をだすのが難しいといわれています。

 

筋トレの回数を書いていませんが、個人の体力や筋力に応じて取り組んでいただければと思います。

 

運動を始めたばかりの初心者は週に2~3回から始め、何かしら運動をした経験がある人は3~4回が目安にするとよいでしょう。

 

筋肉が回復するまでに48~72時間必要で、筋力トレーニングと休憩を繰り返すことで効果がでてきます。

 

栄養を摂ることと休養も忘れずに、筋肉を育てていきましょうね。

IMARI20160806165917 TP V4 300x200 - 男女で筋肉のつきやすさが異なるのはなぜ?違いを理解して効率的に体を大きくしよう!

 

よろしければLINEの友だち追加をお願いします。
質問等あればこちらから気軽に連絡して下さい。

それでは、今回も最後までお読み頂きありがとうございました。

ーーーーーーーーーーーーーー

※よろしければ管理人のプロフィールも読んでいってくださいm(_ _)m

※管理人のデブエット実践録もお願いします。

※短期で成果を出したい方向けにデブエットコンサルも行っています。

favicons?domain=futorudebuet - 男女で筋肉のつきやすさが異なるのはなぜ?違いを理解して効率的に体を大きくしよう! ガリガリ専門!太る方法ブログ
ガリガリ専門!太る方法ブログ
https://futorudebuet.com/debuet-consulting/

太る方法ブログでは視聴者皆様に「デブエットキックオフセミナー」をプレゼント中

 

 

セミナーの詳細は以下のリンクをチェック

セミナーの詳細はこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です