管理人のデブエット実践録

.png - 管理人のデブエット実践録
皆さんこんにちは、デブエットコンサルタントYutaです。

今回は私のデブエット実践録をお伝えさせていただければと思います。

 

※そもそもYutaってどんな人?という方は以下の自己紹介を先にお読みいただけますと幸いです。

 

私は2018年6月から2019年4月の期間デブエットを実施し、

44kgから61kgへ+17kgの増量を達成することが出来ました!

 

ガリガリ体質の増量チャレンジとしてはかなり成果が出た方だと思います!

 

この記事では、上手く行ったことだけではなく、失敗したことやモチベーションが下がったことなども含めて、デブエットの全てをお伝えさせていただければと思います

そしてこの記事が、これからデブエットにチャレンジしようとしている人を勇気づけるものになることを目指しますので、ぜひとも最後までお読みいただけますと幸いです。

 

2018年6月-8月(3ヶ月間)

体重変化44kg→52kg

300x244 - 管理人のデブエット実践録

 

2018年6月、会社の飲み会でガリガリをバカにされたことをきっかけに、デブエットへのチャレンジを決意します。

 

といっても、デブエットにチャレンジしたのは今回が初めてではありません。

学生の頃、何度もチャレンジしましたがすぐにお腹を壊してしまったりと上手くいきませんでした。

(過去のデブエットについてはまた別の記事でお伝えさせていただければと思います)

 

今までと同じように我流でやっていても絶対に失敗すると考えた私は、パーソナルトレーニングジムに入会することを決意しました。

しかし、大抵のパーソナルジムは痩せる専門で、デブエットには対応していないところがほとんどでした。

 

次々電話をかけてゆく中で、なんとかデブエットにも対応してくれるジムを見つけました(やったー)。

しかもトレーナーさんはもともとガリガリで、デブエットすることで細マッチョ体型を手に入れたとのこと。

「これまでの自分を変えるにはここに入会するしか無い」と感じた私は、迷わず入会しました。

 

お値段、2ヶ月コースで約50万円(含サプリ)。笑

 

結構な額でしたが、自己投資だと思うと苦にはなりませんでした

50万円で人生が変われば安いものだと感じましたし、これでだめだったら諦めようという気持ちで50万円を支払いました。

 

1週間に2回ほどのペースでジムに通うのですが、筋トレよりも食事の報告・アドバイスがメインでした。

実際にやってみてわかったのですが、ガリガリ体型の人は食事から栄養が上手く取れていないことが体を大きく出来ない要因です。

そんな状態でいくら筋トレしても腕は太くなりません

 

アドバイスに従い、まず私にとっての一番の課題である食トレのから取り組みました。

これまで抜きがちだった朝ごはんをしっかり食べるようにしたり、腸内環境を改善するために発酵食品を食べるようにしました。

食事に加え、プロテインとアミノ酸をサプリで補うようにしました。

またLINEを使って、毎日の食事をトレーナーに報告、フィードバックを頂きました。

 

食トレ内容

1.朝食の確実な摂取

2.腸内環境の改善

3.サプリの活用

 

 

徐々にではありますが体が多くくなってきた実感を得ることが出来ました。

これまでの人生で決して感じることのなかった感覚です。

 

2ヶ月コースにもかかわらず、予定が合わず3ヶ月になってしまいましたが、3ヶ月で+8kgの52kgを達成することが出来ました

52kgの時点で自分の人生の中ではじめての体重です。

確かに、50万円は大金でしたが、得られた結果には大満足でした。

 

2018年9月-12月(4ヶ月間)

体重変化52kg→52kg ※変化なし

300x244 - 管理人のデブエット実践録

 

52kgは168cm男性の標準体重である62kgには程遠いものの、自己記録を更新したことで満足してしまい、ここからさらなる努力をしなくなってしまいました。。

 

いわゆる、燃え尽き症候群というやつです。

 

トレーナーが付いていた時は毎日食事報告の義務がありましたが、

サポート期間が終わり、食事報告の義務が無くなった途端、サボってしまいました。(反省)

 

2019年1月-4月(4ヶ月間)

体重変化52kg→61kg

300x244 - 管理人のデブエット実践録

 

年が明けた19年1月、再びデブエットに取り組み始めます。

 

正直、特に大きなきっかけはありません。笑

半年ほどで夏になるという漠然とした思いから、夏までに標準体重くらいまでには増量したいと考え、再始動しました

 

今回は栄養学の観点から、自分の体質を分析し、最適なタイミングで最適な栄養素を体に投入することを意識して取り組みました。

いろいろと試してゆく中で、私の場合はプロテインから体に必要な筋肉に至る度合いが人より弱いと気付き、HMBの取得を開始・プロテインの摂取を一日2回に増加させました。

また、朝一回の納豆だけでは腸内環境が完全には改善されていないと気付き、夕食にも取り入れることで一日2回発酵食品を食べるようにしました。

これまで、仕事が遅くなり9時を過ぎそうなときも、昼食から夕食までパン一つでつないだりと、体内のエネルギー不足から体が脂肪を分解し始めるような状態に妥協してしまっていました。

このときから、昼食から夕食まで間食のノルマ700kcalと決めて、毎日菓子パン等で補うよう心がけることで脂肪・筋肉の分解を防ぐようになりました。

一言で言うと、デブエットへのこだわりが強くなったことで、これまでの習慣をもうひと頑張り改善してゆきました。

 

意識したこと

1.HMBサプリの摂取を開始

2.プロテインの摂取頻度を1日2回に増加

3.発酵食品の摂取頻度を1日2回に増加

4.間食の摂取カロリーのノルマを設定

 

取り組みを行ってゆく中で感じたことは、やはり人の意思の力が体質改善には非常に重要だということです。

最初の3ヶ月間で知識が身につき、成果も出ました。

 

しかし、その後停滞期に入ったのは、そこで満足してしまい、太ることへのこだわりを失ったからです。

 

日々の生活習慣を見直して修正するのは非常にエネルギーが必要です。

しかし、太りたい・デブエットを成功させたいというモチベーションを高めることができれば、この習慣の壁を乗り越えられると感じました。

 

まとめ

1年かけて61kgになり、やっと標準体重くらいまでには増量することが出来ました。

 

しかしながら、正直まだまだここで終わるつもりはありません

増量の過程で、自身の生活習慣を見直し、自分を律して行動することの楽しさを感じ始めるようになりました

もっともっと増量してかっこいい体を目指します

 

その過程で色々と失敗もあると思いますが、それも全てこのブログに書いてゆくことで、これからデブエットを目指す方の参考になればと考えています。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

—————————————————————————-

よろしければLINEの友だち追加をお願いします。
質問等あればいつでも気軽に連絡して下さいね。

メッセージ等ありましたら問い合わせページからも受け付けています。

応援メッセージ等いただけると大変嬉しいです!

また、これからデブエットを目指す方からの質問も大歓迎です。どしどしご連絡下さい。


太る方法ブログでは視聴者皆様に「デブエットキックオフセミナー」をプレゼント中

 

 

セミナーの詳細は以下のリンクをチェック

セミナーの詳細はこちら