太る方法ブログでは視聴者皆様に「デブエットキックオフセミナー」をプレゼント中

 

セミナーの詳細は以下のリンクをチェック

セミナーの詳細はこちら

 

知らなきゃ損!!たんぱく質の性質を理解して効率的なデブエットを行う方法

.png - 知らなきゃ損!!たんぱく質の性質を理解して効率的なデブエットを行う方法

こんにちは、デブエットコンサルタントのYutaです。

2 300x222 - 知らなきゃ損!!たんぱく質の性質を理解して効率的なデブエットを行う方法

※完全返金保証!デブエットコンサルはこちら

favicons?domain=futorudebuet - 知らなきゃ損!!たんぱく質の性質を理解して効率的なデブエットを行う方法 ガリガリ専門!太る方法ブログ
ガリガリ専門!太る方法ブログ
https://futorudebuet.com/debuet-consulting/

 

 

 

今回は、少しマニアックな話になってしまいますが、タンパク質の性質について深く掘り下げてゆきたいと思います。

マニアックと言いつつも、デブエットを行っている皆さんには非常に重要な情報となりますので、ぜひ最後まで読んでもらいたいと思います。

「早く太りたい!」という気持ちで前のめりになりすぎると即効性のある情報ばかり求めてしまい、結局何も変化を起こすことが出来ないという人がいます。

そういう考え方ではだめで、継続的に太り続けたいのであれば、今回の記事のようなデブエットの基礎知識をしっかりと身につけて、知識の土台作りも必要となります

そもそもプロテインとは

まず、基礎の基礎、そもそもプロテインとは何か?というお話からしてゆきたいと思います。

PAKU6403 TP V4 300x200 - 知らなきゃ損!!たんぱく質の性質を理解して効率的なデブエットを行う方法

プロテイン(Protein)は、日本語ではタンパク質のことを指します。

古代ギリシャ語の「プロスト」あるいは「プロテイオス」が、プロテインの語源とされています。

そして、プロストは「第一番目の」という意味、プロテイオスは「もっとも重要なもの」という意味です。

 

プロテインの働きとしては、簡単に言うと、体の土台として、ホルモン・血液・酵素のもととなります。

すなわち、私達の体に欠かせない役割をすべてになっている物質なのです。

実は筋肉から毛髪に至るまで全てたんぱく質で出来ています。

dna 163710 640 300x169 - 知らなきゃ損!!たんぱく質の性質を理解して効率的なデブエットを行う方法

またその他にも、他の栄養素を体の隅々まで必要な場所へ運ぶ働きがあります。

すなわち、たんぱく質がなければ、いくら他の栄養素を摂っても、必要な場所まで運ぶことが出来無くなってしまいます。

具体的には栄養素を運ぶ働きのタンパク質には、CBPとRBPという2種類があります。これらはそれぞれ、カルシウム・ビタミンAと結びついたタンパク質なのですが、これらの栄養素はこの運搬手段でしか必要なところに届けることが出来ません。

すなわち、たんぱく質がなければこれらの栄養素は体の隅々まで行き渡らせることは不可能となってしまうのです。

CBP
カルシウム バインディング プロテイン
RBP
レチノール バインディング プロテイン

 

ここまでで、たんぱく質の重要性がお分かり頂けたかと思います。

続いて、たんぱく質の人に与える影響についてもう少し詳細にお伝えさせて頂きます。

たんぱく質の働き

それでは、具体的な体の影響として、たんぱく質はどのような働きをしてくれるのでしょうか?

人は細胞が死んで生まれてを繰り返しながら、生命を維持し続けています

そしてその細胞は一人あたり60兆個もあります!

60兆個と聞いてイメージ湧きませんか?

これは、一人の人間の細胞を横に並べると、地球を15周出来る量になります。(これでもイメージ湧きにくいですね。笑

 

人は同化と異化を繰り返しながら生命を維持します。

(同化=体の成分を作る作用 異化=体の成分を分解する作用)

 

一般的に、若いうちは

同化スピード>異化スピード

と言われています。

そのため、怪我をしても治りが速いし、肌のハリもあるんですね

一方、年をとるとこのスピードが逆転します。

 

たんぱく質の取り貯めは出来るのか

そんなに重要なタンパク質なら、一日に大量に取りまくって、もしたんぱく質を摂れない日のために体の中に貯めておきたいと思う方がいらっしゃるかもしれません。

 

しかし、残念ながら、たんぱく質の性質上取り貯めは出来ないのです。。

たんぱく質は、アミノ酸に分解されたのち、細胞、血液などを通じて必要な所に運ばれてゆきます。

しかし、その余剰分はたんぱく質あるいはアミノ酸として残るのではなく、カロリーとしてカウントされ、最終的には全て脂肪という形で体内に貯蔵されることとなります。

すなわちせっかくタンパク質を一日にたくさんとっても余剰分は全て脂肪で貯蓄されてしまうのです。

したがって、タンパク質は毎日常に摂取し続ける必要があります

eat 2834549 640 300x191 - 知らなきゃ損!!たんぱく質の性質を理解して効率的なデブエットを行う方法

タンパク質の必要量

このように、タンパク質は貯蓄できず、毎日必要な文を取り続けなければならないことはお分かり頂けたかと思います。

では、一体一日あたりどのくらいのタンパク質量が必要なのでしょうか?

 

人が一日に必要なたんぱく質量は約2g/体重1kg程度とされています。

体重50kgの人であれば、毎日100gのたんぱく質の摂取が必要です。

 

そして先程も記載したように取り貯めはできませんので、いかに毎日の食事において、タンパク質の量を調整しながら摂取するかということが重要となります。

たんぱく質の摂取において言えるのは、量も大事ですが摂取のタイミングも同様に重要であるということがお分かり頂けたかと思います。

たんぱく質摂取の効果を増加させる方法

たんぱく質を摂取する際、それ単体で摂取するよりも、たんぱく質の体の中への吸収を促進する栄養素と一緒に摂取することで効果を倍増させることが出来ます。

その栄養素とは、糖質です。

私の場合は、100%オレンジジュースなどを摂取することで、糖質を効率的に確保できるように努めています。

糖質の摂取により体内のインスリン量が増加し、タンパク質を用いたアミノ酸合成が活発化し、効率よく体を大きくすることが可能になります

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

今回の記事は少しマニアックな話になってしまいましたが、理解しておくだけかなり効率的に体を大きくする事ができると思います。

何事も、基礎が大事です。土台がない上に建物を立ててもすぐに崩壊してしまいます。

もしこの記事が良いなと思った方は、私宛に連絡いただけますと幸いです。

こういった基礎知識についての記事が好評でしたら、また定期的に基礎知識についての記事をあげさせていただこうと思います。

 

それでは、今回も最後までお読み頂きありがとうございました。

 

ーーーーーーーーーーーーーー

※よろしければ管理人のプロフィールも読んでいってくださいm(_ _)m

※管理人のデブエット実践録もお願いします。

※短期で成果を出したい方向けにデブエットコンサルも行っています。

favicons?domain=futorudebuet - 知らなきゃ損!!たんぱく質の性質を理解して効率的なデブエットを行う方法 ガリガリ専門!太る方法ブログ
ガリガリ専門!太る方法ブログ
https://futorudebuet.com/debuet-consulting/

太る方法ブログでは視聴者皆様に「デブエットキックオフセミナー」をプレゼント中

 

 

セミナーの詳細は以下のリンクをチェック

セミナーの詳細はこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です