LINEの友達になって
デブエットコンサルタントYutaに直接相談しよう!

友だち追加

↓PCでご覧の方はこちらのQRコードから友だち追加お願いします。


LINEをお持ちで無い方は問い合わせフォームから連絡下さい。


睡眠の姿勢がデブエットの成否に影響する?! 睡眠姿勢の胃腸への影響に迫る!

.png - 睡眠の姿勢がデブエットの成否に影響する?! 睡眠姿勢の胃腸への影響に迫る!

こんにちは、Yutaです。

2 300x222 - 睡眠の姿勢がデブエットの成否に影響する?! 睡眠姿勢の胃腸への影響に迫る!

※完全返金保証!デブエットコンサルはこちら

 

 

 

今回はなかなか目を向けられることの少ない、睡眠の姿勢についてお伝えさせて頂ければと思います。

デブエットと睡眠の姿勢の間にどんな関係があるのか?

と思われた方もいらっしゃるかもしれません。

実は関係性があるんです!

ということで、まずは睡眠の姿勢の重要性をお伝えさせて頂き、その後それぞれの姿勢の特徴についてご説明いたします。

睡眠の姿勢の重要性

朝起きたとき、胃腸に不快感があって、食欲が出ないときはありませんか?

これには様々な要因があるのですが、睡眠の姿勢も要因の1つとされています

 

これまでもお伝えしてきましたが、朝食は食事の中で一番重要です。

すなわち、朝起きたときの食欲も、同様に重要になります。

 

睡眠の姿勢を変えることで、朝の食欲を少しでも改善し、しっかりと朝食を取れるようになることはデブエットのはじめの第一歩でもあります。

胃腸にとっては、立ったり座ったりしているときが正常な状態となります。

それが、睡眠時は横になることで胃腸に負担がかかるため、寝起きに苦しい思いをすることになります。

そのため、睡眠の姿勢を考えることで少しでも胃腸に負担のかからない方法を探すことが重要になります。

 

それでは、みなさんは普段寝るときどのような姿勢でしょうか?

横向き寝、仰向け寝、うつぶせ寝

様々な寝方をされている方がいらっしゃると思います。

今回の記事では、デブエットの観点から、それぞれの寝姿勢の特徴についてお話しさせて頂ければと思います

横向き寝(右側が下)

右側を下にして眠る右向きの姿勢の場合ですが、こちらが胃腸への負担が一番少ない寝姿勢となります

心臓の位置が上になり寝姿勢です。

こちらが一番胃腸への負担が少ないのですが、それは胃の形が深く関係しているんです
胃袋はそら豆のような形状で、食べ物を摂取した際、食道を通って胃袋に届きます。胃袋で
消化されたあとはその右下にある出口を通り、腸へと流れる構造になっています。

すなわち体の右側を下にすることで、胃から腸への移動を重力の力でサポートすることができるのです。

さらに、重い臓器の一種である肝臓が体の右側に属していることから、右向きで寝ることで睡眠中の心臓負担を和らげることが出来るようになります。

 

<横向き寝(右側が下)のメリット>

・胃から腸への動きを重力の力を借りてサポートすることが出来る

・心臓への負担を和らげることが出来る。

横向き寝(左側が下)

次に、横向き寝のうち、左側が下の場合です。

 

こちらは、先程右側が下でお話した内容の逆になります。

すなわち、本来右にある出口が下ではなく上になってしまい、胃から腸への食べ物が流れが悪くなってしまいます

その結果、胃の中の食べ物がなかなか腸まで届かず、胃の中で消化不良を起こし、胃もたれや胸やけを招いてしまう結果となります。

 

一方デメリットばかりでなくメリットもあります。

逆流性食道炎の予防につながるという効果があります。

この炎症が起こりやすい人は、左向きに寝ることで症状を緩和することが出来ます。

※逆流性食道炎とは、胃の中にある食べ物が食道に逆流してしまい、食道の粘膜を傷つける炎症。(症状:咳やのどの痛み、胸やけなど)

また、身体の左側はリンパが集中しているため、左側を常に刺激し続けることで、リンパ液の分泌を良くする効果があると言われております。これにより、体内の老廃物を排出することが出来ます。

 

<横向き寝(左側が下)のメリット>

・逆流性食道炎を防ぐ

・リンパ液の分泌を良くし、老廃物を排出する

仰向け寝

仰向け寝は一番スタンダードな寝姿勢です。

この寝方をされている人が一番多いのではないでしょうか?

 

仰向け寝は、デブエットに関する影響としては可もなく不可もなくといったところです。

上記の横向き寝では胃の形に応じた変化がありましたが、仰向け寝の場合、これらの変化はございません。

 

一方、その他の特徴として、仰向けで寝ると身体の圧力が均等に分散されるため、一箇所に圧力がかかりすぎること無く、体の疲れを取るのに最適な状態となるということが言えます。

睡眠の一番の目的は体の疲れを取ることですので、もし、朝の胃もたれや逆流性食道炎の症状がない人は仰向け寝を行うのが良いでしょう

 

<仰向け寝のメリット>

・体の疲れを取るのに最適な状態

うつぶせ寝

うつぶせ寝も仰向け寝と同様、デブエットにとっては可もなく不可もなくというところですが、一つ挙げるとすると、お腹が下に来るので、お腹周りが寝ている間に冷えてしまうということが無くなります。

うつぶせ寝は寝返りを打てる人であれば心臓やお腹が圧迫されることを軽減することができますが、自分で寝返りが打てない赤ちゃんやお年寄りには絶対にNGです。

また寝返りを打てる場合でも、心臓やお腹を圧迫することには変わりないのでうつぶせ寝は避けたほうが良いでしょう

 

<うつぶせ寝のメリット>

・お腹の冷える状態を避けることが出来る

まとめ:胃腸への負担が軽い寝姿勢は右側が下の横向き寝!

いかがでしょうか?

このように、寝る時の姿勢によって、胃腸を始め、多くの身体への影響があるということがお分かり頂けたかと思います。

 

もう一度結論を最後に申しますと、胃腸への負担を和らげるためには、

右側が下の横向き寝

を行って下さい。

※ただし、逆流性食道炎になる場合は、左側下の横向き寝です。

 

試してみると、すぐに効果を実感できると思いますので、是非試してみてくださいね。

 

それでは、今回も最後までお読み頂きありがとうございました。

ーーーーーーーーーーーーーー

※よろしければ管理人のプロフィールも読んでいってくださいm(_ _)m

※管理人のデブエット実践録もお願いします。

お問い合わせはこちら

LINEの友達になって
デブエットコンサルタントYutaに直接相談しよう!

友だち追加

↓PCでご覧の方はこちらのQRコードから友だち追加お願いします。


LINEをお持ちで無い方は問い合わせフォームから連絡下さい。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です