太る方法ブログでは視聴者皆様に「デブエットキックオフセミナー」をプレゼント中

 

セミナーの詳細は以下のリンクをチェック

セミナーの詳細はこちら

 

焼肉に行ったら何を食べるべき?! 焼肉のメニューの中で一番太りやすいものを調査!

.png - 焼肉に行ったら何を食べるべき?! 焼肉のメニューの中で一番太りやすいものを調査!

こんにちは、デブエットコンサルタントのYutaです。

2 300x222 - 焼肉に行ったら何を食べるべき?! 焼肉のメニューの中で一番太りやすいものを調査!

※完全返金保証!デブエットコンサルはこちら

favicons?domain=futorudebuet - 焼肉に行ったら何を食べるべき?! 焼肉のメニューの中で一番太りやすいものを調査! ガリガリ専門!太る方法ブログ
ガリガリ専門!太る方法ブログ
https://futorudebuet.com/debuet-consulting/

 

 

 

おいしいものをガッツリ食べたい!と思った時に思い浮かぶのが焼肉。

他にもテレビで焼肉屋さんの紹介を見たり、焼肉のにおいを嗅ぐ事があった際にも「あ~、焼肉食べたい!」と思ったりしますよね!

そんな時は気が済むまで焼肉を堪能するのが一番です。

でもどうせ食べるならしっかりとデブエットにもつながりそうな食べ方をした方が良いですよね!

今回は焼肉を楽しみつつデブエットをする方法を勉強してゆきましょう。

YUKA150701038569 TP V4 300x208 - 焼肉に行ったら何を食べるべき?! 焼肉のメニューの中で一番太りやすいものを調査!

 

そもそも焼肉の肉にはどのような種類があるのか

 

焼肉屋さんに行ってメニューを見てみると色々な名前があるのでいまいちわからないと思う事ってありませんか?

なんとなく「この名前はこの辺りの肉だ」というのが把握できると便利です。

 

焼肉は大まかに以下の2種類に分かれます。

・赤味

・ホルモン類

となります。詳しく見ていきましょう。

PAK96 bistrokaunta  TP V4 300x204 - 焼肉に行ったら何を食べるべき?! 焼肉のメニューの中で一番太りやすいものを調査!

 

▼赤味

 

ホルモン(内臓系)以外のお肉の部位を言います。

 

ribs 3453225 640 300x200 - 焼肉に行ったら何を食べるべき?! 焼肉のメニューの中で一番太りやすいものを調査!

 

・カルビ

 

焼肉といえばまずカルビが思いつきますよね。

カルビは韓国語から来ていて、アバラ骨の間の肉という意味になります。

脂肪が細かく入っているので柔らかいお肉です。

 

 

・ロース

 

肩から腰までのお肉を指します。特に肩部分のお肉は別に肩ロースと分けているお店もあるようです。脂身は少ない方です。

リブロースやザブトン、サンカクもロース部位の一部です。

 

 

・バラ肉

 

アバラ周辺のお肉で脂身も多く含んでおり、柔らかいです。

 

 

・ミスジ、トウガラシ

 

いずれも肩肉の一部で、希少部位扱いされています。

赤味でしっかりとした食間が良い場合はトウガラシがおすすめです。

 

 

・サーロイン

 

牛肉の腰の上部分のお肉。ステーキなどでもおなじみですよね。

 

 

・ヒレ

 

サーロインの下の希少部位で脂肪分も少なめです。

 

 

・もも肉

 

もも肉は赤味のイメージもありますよね。

シンタマと呼ばれる部分は赤身が多い部位ですが、もも肉でも他のランプやシンシン、トモサンカク辺りは柔らかいお肉です。

 

 

・イチボ

 

お尻の先あたりのお肉で赤味になります。

 

 

・ツラミ

 

頬肉になりますので、噛むほどにおいしさを感じられる部位です。

 

 

▼ホルモン

 

内臓部位をまとめてホルモンと呼んでいます。

grilled meat 3805770 640 300x200 - 焼肉に行ったら何を食べるべき?! 焼肉のメニューの中で一番太りやすいものを調査!

 

 

・ハラミ

 

赤みっぽく見えますが、横隔膜部分のお肉なのでホルモン扱いとなります。

サガリもハラミの一部です。

 

 

・タン

 

お馴染み舌の部分。歯ごたえがいいです。

 

 

・ミノ

 

第一胃になります。

 

 

・ハチノス

 

第二胃袋です。

 

 

・センマイ

 

第三胃袋です。

そろそろこのシリーズ飽きてきましたか?笑

 

・ギアラ

 

第四胃袋です。

 

 

・シマチョウ

 

腸部分でてっちゃんとも呼ばれています。

 

 

・マルチョウ

 

小腸で脂身も多いです。

 

 

・ハツ

 

心臓部分のお肉です。歯ごたえがあります。

 

 

・レバー

 

お馴染み肝臓部分。鉄分や亜鉛、ビタミンAが豊富です。

 

 

・シビレ

 

胸腺と膵臓部分で見た目には白レバーっぽいです。子牛の場合はリードヴォーと呼ばれます。

 

 

それぞれの肉のカロリー等分析

 

色々な部位を大まかに把握したところで、デブエットをする際に気になるカロリーを見てみましょう。

一般的に食べられる事のある焼肉のおよそ100gあたりのカロリーになります。

DI IMG 5783 TP V4 300x200 - 焼肉に行ったら何を食べるべき?! 焼肉のメニューの中で一番太りやすいものを調査!

 

牛カルビ 517kcal

豚カルビ 440kcal

豚トロ 386kcal

牛ロース 318kcal

牛ハラミ 344kca

牛小腸 287kcal

牛タン 269kcal

鶏もも肉 200kcal

牛ミノ 182kcal

牛ホルモン 162kcal

 

という感じです。

お店によって一切れの大きさ自体は違ってくるのですが、ミノや鶏もも、牛タン辺りは20kcal~50kcalぐらいなのですが、牛ハラミ、ロース、カルビ、トントロ辺りは70kcal~100kcal位になります。

 

今回ご紹介している目安は肉のみになりますので、これに漬け込んでいるたれがプラスされたり、ご飯もプラスするという場合は更にカロリーはプラスされるという事になります。

 

 

デブエットに適した肉の種類は何か?

 

kangoIMGL7870 TP V4 300x200 - 焼肉に行ったら何を食べるべき?! 焼肉のメニューの中で一番太りやすいものを調査!

 

デブエットをするのを兼ねて焼肉を食べるのであればおすすめは牛肉です。

牛肉をあえておすすめするには以下の理由があります。

 

牛肉は筋肉もつけられる!

 

牛肉をデブエットにおすすめしたい理由として、カロリーを摂れるだけでなく、効率よく筋肉もつけられるという理由があります

筋肉を作る際に必要となるのがテストステロン。

 

テストステロンを自然に増やすためにとりいれたいのが亜鉛なのですが、亜鉛はカキ、ウナギ、牛肉などに多く含まれています。

そして牛肉に関しては同様にテストステロンが増えるといわれているカルニチンというアミノ酸も多く含まれています。

 

つまり焼肉を食べる時に牛肉を上手に取り入れる事によってカルニチンや亜鉛摂取も出来、テストステロンを増やす事にもつながるのです。

テストステロンはステロイド・ホルモンの仲間なのですが、筋肉細胞での蛋白質合成の増加になるだけでなく、たんぱく質(つまり筋肉)を分解してしまうという事も抑える事が出来るというメリットがあるのです。

テストステロンは年齢に伴って低下していく傾向があります。

(年齢に伴って筋肉量が落ちてきたなーと感じた事、ありませんか?まさにそれです)

低下した分のテストステロンを補うためにも牛肉は上手に取り入れましょう。

 

 

 

ちょっと番外:羊肉はあるようなら食べる

 

羊肉は良質な赤味。

先ほど牛肉の時にも紹介したテストステロンを増やす働きのあるカルニチンというアミノ酸が牛肉よりも多く含まれているので、バルクアップを意識した食事の時に味方にしたいお肉なんです。

以前に比べたら羊肉を食べられる機会は増えてきています。

とはいっても羊肉はまだまだ取り扱っているお店が限られていますので、見かけた際に食べるという感じでおすすめします。

 

 

焼肉を食べる時にはこれを頼もう

IMARI20160806165917 TP V4 300x200 - 焼肉に行ったら何を食べるべき?! 焼肉のメニューの中で一番太りやすいものを調査!

牛肉の中でカロリーも高めでおいしく食べられるのがカルビです!

カロリーも摂りたいという場合はたれに漬け込んでいるタイプでもOKです。

他におすすめなのはロースやハラミあたりも適度に脂分を含んでいて、カロリーがあるのでデブエットしやすい部位になるでしょう。

ホルモン系に関しては比較的低カロリーなものが多いのですが、牛の小腸やタン辺りは脂肪分をそれなりに含んでいる事からカロリーも多めなのでデブエットしやすい部位になります。

 

豚肉の場合はトントロかハラミを!

焼肉メニューには豚肉もあるけど、どうなの?と思いますよね。

豚肉は牛肉に比べるとカルニチンや亜鉛などが少ないのですが、たんぱく質をはじめとしてビタミン、ミネラルが豊富です。

特にビタミンB群の摂取が効率よく出来ます。

ビタミンB1で糖質の代謝を良くし、B2でたんぱく質や、脂質の代謝をし、B6は筋肉や血液を作りだす際にも役立ちます。

ちょっと視点を変えるとタンパク質補給になるだけでなく、代謝のサポートをする事で疲労回復にもつながりますし、健やかな肌を作るといった美容面にもメリットがあります。

デブエットをする際に豚肉も適度にプラスしてOKという事です。

豚肉を選ぶ時にはトントロかハラミ辺りを選ぶと脂分も含んでいる事からカロリーを摂取しやすくなります。

 

 

まとめ

 

美味しくて手軽に食べられる牛カルビやハラミはデブエットにとってぴったりなお肉だったのはうれしいですね。

ホルモン系は一見、ヘルシーというイメージが強かったのですが、脂肪分を多めに含んでいる部位を選ぶとデブエットできそうという事で焼肉はまさにデブエット向きのメニューだなと感じます。

なんだか早速、焼肉を食べに行きたくなってしまいました。

AL001 1onakaganattayo20140830 TP V4 300x200 - 焼肉に行ったら何を食べるべき?! 焼肉のメニューの中で一番太りやすいものを調査!

 

カロリーもしっかりとるぞ!という時はたれ付きのお肉にしてご飯やデザートをプラスすればデブエットしやすいのでお試しください。

 

よろしければLINEの友だち追加をお願いします。
質問等あればこちらから気軽に連絡して下さい。

それでは、今回も最後までお読み頂きありがとうございました。

ーーーーーーーーーーーーーー

※よろしければ管理人のプロフィールも読んでいってくださいm(_ _)m

※管理人のデブエット実践録もお願いします。

※短期で成果を出したい方向けにデブエットコンサルも行っています。

favicons?domain=futorudebuet - 焼肉に行ったら何を食べるべき?! 焼肉のメニューの中で一番太りやすいものを調査! ガリガリ専門!太る方法ブログ
ガリガリ専門!太る方法ブログ
https://futorudebuet.com/debuet-consulting/

太る方法ブログでは視聴者皆様に「デブエットキックオフセミナー」をプレゼント中

 

 

セミナーの詳細は以下のリンクをチェック

セミナーの詳細はこちら

 

1 個のコメント

  • ホルモンが大好きなのでほとんど焼肉の時は、ホルモン攻めだったので、
    今後は、カルビでデブエットに挑戦して行きたいと思います!
    これから暑い夏ですので、焼肉最高っすね!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です